予防歯科

予防歯科の重要性

予防歯科の重要性むし歯や歯周病を予防し、いつまでも健康な口腔内を維持するには日頃の歯磨きやメンテナンスが重要です。正しいメンテナンスとブラッシングを続けることで、ご自身の歯の健康を守り、健全な口腔環境を維持できます。当院では、歯科医師と歯科衛生士の連携により、的確な歯科医療を提供することを心がけています。また、先進的な機器やメンテナンスプログラムを取り入れ、予防を重視した対応をしておりますので、いつまでも歯の健康を保ちたい方は当院までご相談ください。

歯石取り・歯のクリーニングの効果

予防歯科において、日頃の歯磨きの質には重要な意味があります。食後はなるべく早くお口の中の糖分を洗い流し、虫歯菌が酸を出せないようにすることが重要です。しかし、歯磨きだけでは歯垢を十分に落としきることができません。そこで、定期的に歯科医院で歯垢や歯石を除去することで、健全な口腔環境を維持できます。歯石除去や歯のクリーニングできれいな歯へとリセットしつつ、歯磨き指導でブラッシングの質を高めていただくことがポイントです。

歯石取り

歯石とは、唾液に含まれるカルシウムやリンが歯垢と結合することで、石のように固まった物質です。歯石の表面はざらざらしているため、そこに歯垢が簡単に付着します。そのため、歯垢だけではなく歯石も徹底的に除去することが重要です。当院で行う歯石取りは、スケーリングとルートプレーニングです。スケーリングは、スケーラーと呼ばれる器具で歯に付着した歯垢・歯石を取り除きます。ルートプレーニングは、歯根に付着した歯垢や歯石を除去する処置です。また、歯の表面をつるつるに磨き上げて、歯垢の再付着を抑えます。

歯のクリーニング

歯のクリーニングとは、一般的にPMTCを指します。PMTCは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略称で、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて行う歯のクリーニングのことです。歯垢や歯石だけではなく、飲食物による着色汚れも除去できるため、歯の本来の色を取り戻せます。また、歯と歯の間や歯周ポケットなどに付着した歯垢や歯石も除去することで、口腔環境を改善します。使用する器具は柔らかいため、歯茎を傷つけて出血させたり痛みを引き起こしたりすることはありません。

予防歯科って何する?

歯磨き指導

歯科衛生士が歯ブラシの選び方から持ち方、磨き方までアドバイスいたします。どれだけメンテナンスを受けていても、歯磨きができていなければむし歯や歯周病を発症するでしょう。そのため、より力を入れて分かりやすく丁寧にアドバイスしておりますので、不明点はお気軽にご質問ください。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素を歯に塗ることで歯質を強化し、むし歯になりにくい、強い状態へと導きます。歯のエナメル質の強化や再石灰化の促進に加え、虫歯菌の活動を抑制することができます。定期的にフッ素塗布することでより長期的な効果を得られます。

シーラント

シーラントシーラントとは、奥歯の溝に歯科用プラスチックを流し込んで埋めることで、食べ物が詰まらないようにする処置です。奥歯の溝は複雑な構造をしているうえに歯ブラシが届きにくいため、毎日歯磨きをしていてもむし歯になるリスクが高いとされています。そのようなリスクを軽減する為に、シーラントは有効です。

歯科治療後も定期検診で
むし歯・歯周病予防
をしましょう!

定期検診でむし歯や歯周病の早期発見・早期治療を目指しつつ、メンテナンスで清潔な口腔内を保つことで、いつまでもご自身の歯で生活することができます。歯が痛くなってから受診するのを繰り返すと、いずれは削れる歯がなくなってしまい、抜歯を余儀なくされます。一度削った歯は二度と元には戻らないため、なるべく削らずに済むように早期発見・早期治療を目指すことが大切です。いつまでもご自身の歯の健康を保ちたい方は、当院までお気軽にご相談ください。

expand_less
WEB予約